*All archives* |  *Admin*

「一万個」追憶日記。

チームまん○(まんまる)第6発目公演「一万個」

無事に終演いたしました。
つらつらと、追憶~。長文になる予定~。


ご来場くださった皆様、応援してくださった皆様のおかげで
まんまる史上最多動員数となったみたいです。
(前回客演した「きとう―祈祷―」のときもそうだったんですよね。毎回毎回、記録を塗り替えてるってことですね)
そして、まんまる史上初の90分作品。
いろいろ「初」となる、「まんまる総力戦!」と謳った作品でした。

さて、私自身は2回目となったまんまるへの客演。
タイミング的には、震災直後にて、だっしゅのアトリエ的な公演が順延になることが決まったために出演できた流れでした。
迷ってはいて。
出演依頼を貰った時点では、まだ余震も頻繁にあるし、節電で23区内の稽古場が夜間使えなかったりしたしね。

なんとなーく、前回「きとう」と同じ感じ?と思って稽古に行ったらば。
すごい大人数が稽古場にいて驚いたのが懐かしい。
だって、祈祷の時は稽古初日って私含めて5人しかいなかったもん。

しかも、その集まったメンバーがみんなとても素敵な人たちだった。
結局、出演者15人という大所帯となりましたが。
1人も埋もれることなく、すごく印象に残っています。
まんまるさん、作・演出さんのウデが確かだったり、客演に対するお心遣いが丁寧だったりするだけじゃなくて、人事部も優秀ナノネ☆(よいしょ)

冗談はさておきまして。
前回もご一緒した人半分。
新しいメンバー半分。という、かなり素敵なバランスでの公演でした。
新しい人と芝居をやるのは楽しいね。
出来上がった作品だけでなく、芝居を創っていく過程でいろんな人のいろんなやり方を観られるのはとてもタメになります。

どうやら、私また経歴的にオネエサンな方だったので、ちょっとえらそうにしちゃったりみちゃったり。


そうそう!
今回、役柄的に(またもや)えらそうな役だったのですよ。
私、役柄のキャラに稽古場での態度がかなり引きずられるのですよー。
だから、ね。
今回も、稽古場ではかなり偉そうだったと思います。
反省。普段はもーちょっと謙虚な人なんですよ?って、何人かに言い訳したなぁ。


作品のあらすじやテイストについては
恒例・まぶだちユーコの書いてくれた感想ブログを読んで頂くとして☆

http://blog.pathologos.oops.jp/?eid=1421391

ほい♪
今回も、深く温かい考察を寄せてくれています。
本番中にとってくれた写真もかっこよいぞ。
客席からはこう見えてたのか~と。


そうです。
今回、私の役柄は主人公・裕貴君の脳内にいる「本能」。
言い換えると「副交感神経」。

いやー、初めてですね、神経の役!!
てか、人間以外の役が久しぶりだ。


ヒトの脳内で性欲を司る「本能」は、女子たちでレディースのチームの様に演出されていました。
役名は「悪魔たち」。
私、「大魔王」。
(逆に、「理性」は男子だけで構成されていました。ボスは「大天使様」ね。)
大魔王ッテ!!!

開演前にパンフ観たお客さんはそれだけで噴くよね?

それに合わせて、あんなヘアメイクだったわけです。
衣装も、「黒の上下で」って指定はあったので、それに逆らわない範囲で。
お仕事でお世話になってるアクション俳優なおにいさんから、黒のスカジャンを借りました。
あの1着を稽古場で羽織るだけで、相当気持ちが入りました。
スカジャンがないと、身体の使い方とか姿勢とかがいつもの私になっちゃうんだ。

ヘアメイクの日記にも書きましたが、私は顔が元からヤンキーっぽいです。
吊り目で顎が細くて、頬がこけている。
髪も明るめカラーの根元が黒くなってくると、ほんとにヤンキーっぽくなってしまうので気をつけています。

だから、タッパが無いけど見た目はそれっぽくなれるのは知っていました。

だけど、それだけじゃない貫禄っちゅーか迫力っちゅーか。
強そうに見えてくれなきゃいけない。

そうそう。殺陣もありましたしね。
運動神経と筋力がかなり残念な方の私は、殺陣も普通にやってたらへっぴり腰の迫力がない感じになってしまいます。
でも、それは芝居でカバーしないと。役者ですもの。

そして、優秀な殺陣師の左玉さんが、へっぽこな私でもなんか強く見えそうな殺陣をつけてくれました。
殺陣の相手になる役者さんも、一緒にいっぱい練習してくれました。
毎日、地道に筋トレもしました。

おかげで。
なんとか。
殺陣は、それなりにできたんじゃないかなぁと。
少なくとも「1人飛びぬけてへたくそ」ではなかったみたいなので、良かったです。
専門の時の殺陣の先生に見せたかったわー。
へっぽこな私の殺陣に、いつも苦笑していらっしゃいました。

ヘアメイクや衣装による見た目。
あと、殺陣。
そして、声色。

ヤンキーといったらドスの効いた我鳴り声。
女性としては低い声の私ですので、そこは逆に得意な方かも?と思った初回稽古でした。
でも、とんでもなかった。
稽古の終わりにはノドがひりひり。

やっぱり負担がかかる声だ。
ほんとのレディースの人たちはどんな発声してるんだろー。


でも、少しずつコツがつかめて、稽古終盤では通し稽古をしても、激しいシーンを何回も返してもノドは平気になっていました。
…そこが、油断の原因でした。



リアルタイム日記でもちらほらと書きましたが。
小屋に入って、2日目、場当たりやゲネをして。
お客様がいっぱい入った初日を終えた時点で…ノド、やっちまいました。

金曜日の午前中に、声楽をやってる人や声優さんの御用達医院である、東商ビル診療所に。
診断結果は、声帯結節(けっせい)。
声帯の一部が、固くなってしまい合わさらなくて声がかすれる症状。
なるのは初めてではないですが。
だからこそ、時間がかかるのもわかるんです。

頼りになるお医者様は
「本番、いつまで?日曜日?…わかりました、なんとかしましょう。
でもね、薬で症状を抑えてるだけだから。舞台が終わったらちゃんと安静にしてね。
クセになるからね」と。

理由はいくつかあるんだけど。
結局のところ、お客様が入ってテンションが上がってしまい、セーブが効かなすぎたのが一番の理由。

あるまじきー。
プロとして、あるまじき事態でした。

そして、2日目。
大魔王様のほかにもう1つあった、「OL」の役を、急遽かわっていただくことになりました。
観ていただいた方はわかると思いますが、あの「OL」の役はそれまでヤンキーだったキャラがガラっとぶりっこになるところに面白みがあります。
ノドをやっちまった私には、そのぶりっこの可愛いトーンの声が出ない。
それを無理に出すと、大魔王様の声もますます出なくなる。

大魔王様は、クライマックスシーンでも力強く太い声が出せなければ、シーンが崩れてしまいます。

だから、無理を承知で「OL」役、代わってもらいました。

いきなりのキャストの変更で迷惑をかけまくってしまった、絡みのある周囲の役のみなさんや
受け入れてくれた演出家さんや
そして代わってくれて、私以上にばっちりOL役をこなしてくれた永江喜美子ちゃん。

ほんとに感謝してもしきれません。



ただ。
きみちゃんが公演を重ねるごとにどんどんOL役を自分のものにして。
面白く創り上げるのを観て。
助かった。ありがたいなぁという想いと同時に、複雑な想いも、やっぱりありました。

やりたかったな。



でもね、そんなんでへこんでる場合じゃないですから。
反省と後悔で、うぎゃーってなりましたが。
そんなんでテンションを落として周りに影響があったらとんだ2次災害。

がっつり気持ち切り替えて、踏ん張りました。
最低限、それだけは出来た、と思う。
最低限の責任はとれたと思う。
大魔王様のテンションは落とさなかった。

とは言っても、やはり今回の件は今後のための大きな改善点です。
最後まで、ちゃんと必要な分量の声は出せるところでキープしなくては。
素人じゃあるまいし。

実際、芝居の本番が終わってからの通常の仕事の収録にも、若干影響が出てしまっています。
そうなると、お休みをいただいている普段の仕事先にも迷惑で。
そんなことを重ねてしまったら、私は舞台に立てる環境を自分で断ってしまうことになりかねない。


そういう反省と自戒をこめて。
自分自身の恥ですが、ちゃんとここに記しておこうと思った次第です。

もう、ぜったいに無理のある声の使い方はしない。しないぞ!



そんな、ちょっと重い話で追憶日記を締めくくるのもアレですが。
でもね、ほんとに楽しい公演だったのですよ!
作品そのものも、とっても楽しかった。面白かったと思う。

可愛い部下たち、小悪魔ちゃんと力を合わせて
キャラの濃い大天使軍と張り合うのも楽しかった。
MANMARU-AKUMA1.jpg

クライマックス導入部で、大天使様とガチで芝居で勝負したとこも楽しかった。
DAITENSI VS AKUMA
(ちなみに、大天使様が「約束しろ…必ず、必ず陰茎を勃起させると!」の台詞でお客さんを笑わせたら大天使様の勝ち。
それまでの芝居で、お客さんに「ここはシリアスなシーンだから笑っちゃダメだな」と思わせたら大魔王様の勝ち!でした。実は。)

かかわれてよかった。

かかわってくれてありがとう。

ささえてくれてありがとう。

応援してくれてありがとう。

観に来てくれてありがとう。

そして…
大暴れしてくれてありがとう、大魔王様。

ちょっぴり、「かっこいい自分・強い自分・悪い自分」に自信がもてるようになったよ。
コテコテ悪役、たのしーね。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

舞台出演情報

劇団だっしゅ本公演
『Sacrifice ~テイクルの樹』
公演終了!
たくさんのご来場、ありがとうございました。
2017032317455984c.jpg

プロフィール

みみね

  • Author:みみね
  • 本庄 美峰
    (ほんじょう みみね)
    6月10日生まれ、双子座B型。

    日常的なつぶやきはTwitterにて。
    アカウント【_mimine_】でやっております。

    フリーのMC・ナレーター・声優として活動中です。出演依頼、受付中!
    2010年2月1日より、劇団だっしゅの劇団員となりました。
    舞台出演も、精力的に頑張っていこうと思います。

    週末・祝日はキャラショーの「おねえさん」として、全国のステージに出没してます☆

    スパム的なコメント、公序良俗に反する宣伝コメントは削除させて頂きます。ご了承ください。
最近の記事+コメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
バナー

Linkを貼ってくださる方は、
こちらのバナーをお使いください。

 

カレンダー
ブログ内検索
CMサイト
声のお仕事で関わっているCMポイントサイトさんです。
QRコード
QRコード