*All archives* |  *Admin*

コントライブ。

友人3人が出演する、コントライブを観にいってきました。

5組のショートコントオムニバス。
といっても、お笑いの本職の人ではなく役者さんがメインの人員構成のようでした。

友人たちのうち2人は同じユニットで、だいたい予想の範囲内な感じで。
その2人は、普段から面白い事ができるのがわかってる2人なので、安心して見ることができました。
もう1人が、実はちょっと心配半分、楽しみ半分で。
そのコが、そういうお笑い系をやってるの、見たことなかったものですから。

でも、予想以上の面白さでした!

マジシャンとアシスタントという設定のコントで、アシスタント役だったのですが。
怪しくって痛くてセクシーなすんごくいいキャラでした。

組んでいたマジシャンの方が、本当にプロのマジシャンとのことで。
すごく本格的なマジックが思いがけず見られて、ラッキーでした。
すごかったなぁ・・・。あの机、どうやって浮かせていたんだろう・・・。

EDENにて、人を笑わせることの難しさは痛感したので、いい勉強になりました。
笑いって難しいですよね!面白い事をやるの、やっぱり苦手です・・・。
自分が観客の立場で見る笑いは大好きですけど。
スポンサーサイト

課題曲。

最近、移動時にはいつも音楽を聴いています。
そういう習慣、今までは無かったんだけどi-podminiを買ってからは、やっぱり使いたくって。
たいていはCDをレンタルしてきて落としているのですが、沢山の曲を入れた中に「課題曲」というフォルダを作ってあります。

それは、ズバリ「カラオケで歌えるようになりたい歌」!!

ワタシ、カラオケはかなり好きなんだけど、最近レパートリィに新曲が入ってなくて。
ちゃんと、聴こうと思って聴かないとなかなかマスターできないんですよね。

自分でこれは挑戦したい!と思った曲だったり、誰かからリクエストされた曲だったり。
とにかく新曲が出たら絶対マスターする!と決めてる歌手だったり。
EDENの本番までは、オープニングのダンスの曲も入っていました。

カラオケに行く機会が近くあるときは、ずっとその「課題曲」フォルダの曲をリピートして聴いています。

ちなみに、今の「課題曲」は・・・

・ドラマチック ・・・YUKI
・歓びの種 ・・・YUKI
・Glamorous Sky ・・・NANA starring MIKA NAKASHIMA
・ENDLESS STORY ・・・REIRA starring YUNA ITO
・Eternal Wind ・・・森口博子
・Smily ・・・大塚愛


一番は、Glamorous Skyですね。NANAファンなので♪
次のカラオケではこれは絶対歌うと決めています。

達成感。

バイト先にて、この2日間かかりきりになっていた作業が・・・ようやく終わりました!

毎月末にはやらなければならない作業で、順調に行けば半日でなんとか終えられる作業なのですが。
昨日今日と、システムの調子がとっても悪くて、手間取っていました。
ただ時間がかかるだけならともかく、ある程度作業をすすめて登録をかけようとするとシステムエラー・・・。やりなおし。
これはかなりテンションが下がります。

細切れに、ちょっと進めては登録をしていけばいいのですがあんまり細切れにしすぎると能率が悪すぎる。
エラーが出るかでないかのタイミングを見計らった量で登録!
失敗するとエラーです。

だんだん、パソコンとの勝負みたいな雰囲気になってきました。
昨日の夜なんて、他の人が帰ったの頃からその人たちのパソコンを借りて同じシステムを開き、同時進行・・・最大で、4台のパソコンの間を転々としながらの作業です。
時間差で登録をかけ、タイムラグを利用して次のパソコンへ。
なんだか自分がすっごいことをしているような錯覚に陥り、最後の方はすっかり楽しんでいました。

作業が終わり、ちゃんと反映しているかの確認。
登録されたデータを呼び出している十数秒の待ち時間のドキドキ感・・・。
反映されていなかった時の落胆。
原因を究明すべく、調査したりの試行錯誤。
そして、最終的に全て完了させたときの達成感。

なんだか、やたらとドラマチックな2日間でした。

秋。

20050927224813
今年も庭の彼岸花が綺麗に咲きました。
今年は、ちょっと遅いかな?

芝居に追われて夏が終わり、日常に戻ってみたらすっかり秋。

朝、夕のちょっと肌寒い空気に、胸の中が洗われます。
夏のエネルギーの燃えさしがくすぶっていたのが、浄化されて芯が残って。
クリアになっていきます。

ちょうど、見上げた高く澄みきった空のように。

色々しょってしまった、余計なものをみんな下ろして。
身軽に、また一歩。
次の道しるべまで、歩き出せる。

そんな秋。

祭りが終わって…。

打ち上げが明けて、帰り道。
荷物を置いてあった合宿所、もとい杉さんちからの帰り道。

完全に一人きりになって、どっと寂しさがやってきました。

芝居が終わった後は、どうしてもこんな寂しさに襲われる。
毎日準備や稽古や本番で顔を合わせてたEDENの仲間が、全員集まることはたぶんもう2度と無くて。
どうしようもない寂しさに、潰されそうになります。

でも、もう2度と集まることのない仲間だからこそ、あの瞬間の輝きがあったんだなぁと。
寂しさと切なさを、しみじみと噛み締めている一人の時間です。

千秋楽。

さて・・・「EDEN SIZE」ついに千秋楽の日を迎えました。

シープとして過ごせるのは今日が最後。
ワタシの中で、確実に存在している、「シープ」と、今日でお別れになるかと思うと、寂しいけれど・・・。
だからこそ、シープEDENの世界に、しっかり存在させてあげなければと。
気合をいれて臨みました。


一番愛して欲しいパパとママなのに、それが叶わず、EDENに逃げてきたシープ
まだ小さいのに、EDENで情報屋として大人たちと渡りあい、たった一人で生きてきたシープ
でも、ほんとうはシープを大切に見守ってくれている、ルールドクロタチの存在があって、でもEDENの人々はとってもとってもデリケートだから、触れ合うほど寄り添いあうことはできていなくて。

そんなとき、サツキに会って。
サツキの存在に、初めてパパとママに感じているのとは違う、でも大きな執着心=恋心を持つことが出来て。
サツキを助けるために頑張って、でもその恋は実ることはなくて。
サツキは、キィEDENを去ってしまって・・・。

でも、サツキが幸せになるために、サツキ本人がほんとうに望むことを叶えるために、自分のできることを精一杯やったシープ

今回の、1時間45分の芝居の世界の中で、シープはものすごい成長をとげています。
それを、ワタシはちゃんと伝えられたでしょうか。
シープを成長させてあげることができたでしょうか。
正直、不安はありますが、今のワタシに出来るすべてを注ぎ込んでシープを育ててくることはできたと思います。

そして、それを助けてくれた、演出の周防さん、演出補佐の小雪ちゃんサツキルールキィタチドクロケットバイトトランシーヴァ
そして誰よりもWキャストで、2人3脚で一緒にシープを作り上げてきたREDシープひとみん
8歳も年下のひとみんとWで同じ子供役をやるのは、正直とてもプレッシャーだったけど、ひとみんの芝居からいっぱい学ばせてもらいました。
なにより、キャスト陣の中ではかなり年上だったワタシなのに、ひとみんと一緒に稽古場ではしゃいでるうちに、すっかり他のキャストのみんなから可愛がってもらってる空気に溶け込ませてもらって。

そして、ひとみんも、稽古場を離れてもたくさんいろんなことを話してくれて、頼りにしてくれて。
稽古が進むたび、どんどんひとみんとシンクロ率があがっていくのを感じました。

そんなWシープのツーショットと、愛しのサツキお姉ちゃんと、WシープのKISSショット♪20050921211819.jpg

共演者のみんなもスタッフのみなさんも、精一杯自分にできることをやって、EDENを作り上げてくれました。
芝居中のセリフにあったけれど、本当に関わってくれた人の、誰一人が欠けてもいけないEDENでした。

バラシも終わって、打ち上げの会場ではなんだかアチコチで泣いてる姿が見えました。
ワタシも、それはおんなじなわけだったのですが。

ひとりひとりと、話をして感謝を伝えてるうちに、いっぱいいっぱい泣いてしまいました。

そして、支えてくださったスタッフのみなさんに、役者からお花を贈りました。
それを段取って仕切ってくれたのが小雪ちゃんなんですが、そんな小雪ちゃんが、誰よりも一番縁の下の力持ちで、みんなのために頑張ってくれていたので。
サプライズで、役者全員から花とプレゼントを用意しました。
みんなの寄せ書きも添えて。

そして、ワタシの身近な人たち。
超わがままなシフトを許してくれて、暖かく応援してくれたバイト先のみなさん。
家族、遠くからメールを寄せて、心の支えになってくれた人。
そして、ご来場くださった本当に沢山の方々。

「EDEN SIZE」、これにて終了です。
6年ぶりの舞台、こんなにも充実した時間と空間に居られたことに心から感謝しています。


最後にひとつ、ご報告します。

今回、全キャストの中で、集客数が最多だったのが・・・ワタシだったんです。

BLUERED合わせた全公演のお客様のうち、単純に数で考えると1/8がワタシのお知らせでご来場くださったお客様でした。
でも、誰かとの共通の知り合いのお客さんで、チケットのカウントは他の人についている・・・という場合もあるので、実際にはもっと沢山の方が客席からワタシを見守ってくれていたということになります。

こんなに嬉しいことはありません。
みなさん、本当にありがとうございました!!

最後の写真は、サツキルールが「みんなでお揃いの物を持ちたい」と、ナイショで用意してくれた、「ドクロストラップ」
すごく嬉しいです。
携帯につけるとすぐ壊してしまいそうなので、携帯をいつもいれてるポーチにつけました。

20050921011318.jpg

中日。

中日です。

本番中は、自宅ではなく杉さんの家で合宿状態なので、かなり早めに劇場に行きました。
楽屋の掃除と、近くのコインランドリーでみんなの衣装を洗濯しました。

今日は、昨日と逆でマチネがBLUE、ソワレがRED

ワタシとBLUEケットサリーちゃんこと古川理紗ちゃんは、何人かのヘアメイクも担当しているため、自分が出演するBLUEがマチネだと自分の準備もあるしけっこう大忙しになります。

でも、元々ヘアメイクは興味があるジャンルなので、とても楽しい。

写真は、ワタシの作品、シーヴァ役の杉さんのメイク完成図。
前にここに書いた、「いなづまゆげ」はこのシーヴァのことです。

20050921012842.jpg


そして、サリーちゃんの力作、ルール役のえりちゃんのヘアスタイルです。
えりちゃんの髪質はとてもサラサラなので、こうやって落ちてこないようにまとめるのはなかなか難易度が高く、苦労していました。

20050921012935.jpg


今日も、たくさんのお客さまにご来場いただけました。

BLUEキャストのマチネでは、ワタシの見せ場のひとつ、ドクロタチとのシーンでドクロとの台詞の押収がワタシとしては今までで一番の出来で。
ドクロ金箱さんも、同じく感じてくれたみたいで、シーンが終わってシープ小屋シープの出ハケ口になる、シープのすみか)に二人ではけた瞬間、自然に二人で「やった!」と握手をしました。

REDキャストの時は、ワタシは袖の介錯役なので、舞台裏に控えつつ、みんなの芝居を耳できいているのですが。
今日のソワレのREDは、本当に最高でした。
今までの稽古のどれよりも、テンポもよく引き込まれました。
スタッフのくせに、舞台袖で泣きながら介錯なんてちょっと情けなかったですが。
でも、泣いてしまいました。

さて・・・いよいよ明日が千秋楽になります。
なんて時間が経つのが濃く、早いのでしょうか。

明日は、スタッフまわりももっと充実させて、最高の舞台にします!

初日。

3ヶ月に渡り稽古、準備を重ねてきた「EDEN SIZE」初日です。

最高のお天気、すがすがしい高い空に、とても有難さを感じました。

今日はマチネ(昼公演)がREDキャスト、ソワレ(夜公演)がBLUEキャスト。

BLUEキャストのワタシ達は、マチネの時はスタッフとして動きます。
ワタシは看板を持って駅からの道案内要員。
せっかくなので、衣装を着て案内に立ちました。

劇場が駅からかなり歩くため、わかりにくくないか心配はしたのですが…案の定、迷ってしまったお客様もいらしたみたいで。

もっと案内を増やすなど、対応しなくちゃなぁと反省です。

そして、いよいよソワレ。
お客さんが入って、舞台裏に待機したあたりではかなり緊張してましたが、ダンスを踊りきった頃にはだいぶいつものペースに戻っていました。

シーンによっては、今までで最高の芝居ができたところもありました。
そして、本番の真っ只中に気がつくこともいっぱいあって。

そっか、シープはこのときそんな事考えてたんだ、とか。
そっか、この台詞はそんな気持ちで言ってたんだ、とか。

3ヶ月の稽古の間、ナニをやっていたんだろうと思うくらい基本的な気づきだったりしました。

そんなシープの衣装写真。
・・・楽屋、かなり散らかってますが。そして後ろにBLUEバイトが寝てますが。

20050920223302.jpg

芝居告知です。

Project JUVENILE vol.04
「EDEN SIZE」~神様のきまぐれでつくられた、ちっぽけな箱庭(らくえん)~
○劇場:下北沢 東演パラータ ○料金:前売・当日 ともに2000円
○スケジュール:2005/09/17~2005/09/19<すべて開演時間・開場は30分前です。>
 17日(土) 15:00~[RED]  19:00~[BLUE]
 18日(日) 15:00~[BLUE]  19:00~[RED]
 19日(祝) 14:00~[RED]  18:00~[BLUE]
 ※一部ダブルキャストです。
○CAST                    
・SINGLE
 キィ:山本恵太郎 (夢のミルクこうじょう)      
 サツキ:井上奈苗  (アクセント)               
 ルール:平田絵里子 (アクセント)           
 トラン:新月明   (高砂部屋)         
 シーヴァ:杉澤村剛  (かりすまもんっちっち)
・RED CAST  
 バイト:双葉彰   (DCM)
 タチ:池田紋子  (夢のミルクこうじょう)
 ケット:西田りいざ
 ドクロ:小田純也
 シープ:山本ひとみ
・BLUECAST
 バイト:物之端澄  (ITANIKA)
 タチ:立花そらみ
 ケット:古川理紗  (夢のミルクこうじょう)
ドクロ:金箱崇政  
 シープ本庄美峰
○お問い合わせ
 フリースペースイタニカ TEL:090-1859-1369<代表・中村>
 ITANIKA 〒173-0004 板橋区板橋2-46-7


ワタシの6年ぶりの舞台になります。
ぜひご来場ください!
ワタシの出演はBLUEキャストの回ですが、REDキャストも全然違う雰囲気ですっごくいい感じに仕上がりそうです。
両方見比べてみても、面白いと思います♪
(そして、ご来場の際は「本庄扱い」でひとつヨロシクおねがいします)

ゲネプロ。

本番前日。
今日はゲネプロです。
ゲネプロというのは、照明や音響、衣装に小道具と全てを本番どおりに揃えてやる通し稽古のこと。

音響や照明がちゃんと入ると、シーンが見違えます。
そして、暗転(照明が全て消えて、暗闇の状態で場面展開すること)での移動が予想以上に怖く…。

普段、視力にいかに頼って動いているか、こういう時によくわかりますね。

色々修正点はあるものの、本番に向けての最終準備がこれで完成しました。
いよいよ、いよいよ明日から本番です。

いい芝居を創ります。
ワタシの役、「シープ」をEDENの世界でしっかり息づかせてあげたいと思います。

写真は、REDキャストによる、場当たり(照明・音響のチェック)のためのオープニングのダンスシーン。
照明が、めちゃくちゃ効果的です!!

20050921010525.jpg

小屋入り。

今日から劇場入りです。
今回の劇場は下北沢の東演パラータ。

初めて行く劇場かと思ったら、ついてみたら来た事がありました。
前、知人の芝居を観に来た事があった。

下北沢の駅からかなり歩くので、ご来場の際はお時間に余裕を持っていただけると安心です。(20分位かかるかな?)

昨日、稽古場で作った舞台装置をトラックで運びこみ、足場を組んで組み立てます。
ワタシは、舞台経験があまり無い上、今まで経験した舞台ではタタキにはほぼノータッチだったので、正直何をどうすればいいのやらわかりません。
足手まといにならないように、精一杯頑張ったつもりだけど…やっぱりまだまだ。

でも、出来上がった舞台を見ると…なんか、すっごいんです!
今回、とても高さがある舞台を組んでいるのです。
頭ではわかっていても、実際に出来上がって、上に立ってみると高さにちょっと身がすくみました。

写真は完成1歩前の舞台装置。

20050920221940.jpg


ワタシはあまりアクティブなシーンは無いけれど、殺陣などがあるメンバーは怪我が無いよう十分気を付けないとです。

夜は、家に帰らず近い人のところに泊めて貰いました。
劇場に通う時間が短いと、それだけ体力温存&時間有効活用なので大助かり。
…というだけではなく、なんだかみんなでご飯を作ったりオニギリを握ったり、合宿みたいで楽しかったです。

さて、明日はゲネプロ。
そしていよいよ本番です!

タタキ。

稽古は昨日で終わりでしたが、今日も稽古場に集合。
舞台装置を作る(タタキと言います)作業の追い込みです。

と言っても、ワタシは釘をうったりとかはあまり得意ではないので、ペンキをぬったりヤスリをかけたりしていました。

みんなでワイワイ作業をしてるのは時間に追われつつも楽しくて。
あちこちペンキまみれになりながら頑張りました。

トラックへの積み込みが終わってから、ちょっとだけオツマミを作って乾杯しました。
みんな、遅くまでがんばりました!

明日から劇場入り。

さあ、お祭りの始まりです!!

稽古終了。

ついに、本日をもって「EDEN SIZE」の稽古は全て終了。
あとは、明日ちょっとだけ叩きと積み込みをやって、明後日は小屋入り。
しあさってでゲネプロをやって、いよいよ本番です。

・・・そこまでせまっている実感は、あまりないんですけど。
精神的には、かなり緊張状態が続いているらしく、実はここ数日ちょっと不眠症気味です。

眠いのに、眠いのに眠れない。
カフェインを摂りすぎた時みたいな感じというか。
交感神経が刺激されっぱなしといった感じでしょうか。

あかんですー。
これじゃ、本番もちません。
普段、不眠の悩みってもったことがあまり無いので、イマイチ対応しきれていません。
眠れなくても、とりあえず体を横にして休めなければ。

今日の稽古は、カーテンコールをつけてからREDでの通しでした。
今まで、どちらかというとREDはベーシックな世界観を確立させて、BLUEはその側面を表現・・・みたいな雰囲気になっていたのだけれど。
なんだか今日のREDキャスト通しは、かなり面白かった。
負けてられませんよ!ほんとに!!

でも、昨日の喝がきいたのか、みんなの体力が回復している感じで一安心でした。

・・・いや、今の不眠状態じゃワタシ自身がやばいので、なんとかせねばですが。

とにもかくにも、2ヶ月に渡って続けてきた「EDEN SIZE」の稽古、これにて終了です。
面白い芝居に、なったと思います。

反省と…そこから。

いよいよ、今週末が本番です。
みんな、稽古の疲れも隠せなくなってきている最近。

今日は、BLUEキャストで通し稽古ができる最後の日でした。
なのに、集中力と緊張感の無さがひどくて。
演出から、厳しいお叱りを受けました。

正直、ワタシ自身その瞬間にハッとして。
久々に、反省と自己嫌悪で貧血を起こしかけました。

この精神的な打たれ弱さがすぐ身体に現れてしまうところ、治ってない…。
情けなくなりました。

その事も含めて、夜、共演者の一人と電話で話していて。
今まで何度も実感した事だけれど、今回、EDENに関わっているキャストもスタッフも、全ての人がホントにいい人なんです。
みんなが、思い遣りを知っていて、頑張り屋です。

「この人は、さりげなく周りに気を配ってくれる」
「あのコはいるだけで空気が和む」
「あの人は自分がすごく辛くてもいつも変わらない笑顔で稽古場に現れる」
「あいつは他の稽古も重なって休みが無いはずなのに弱音を吐かない」
「あの人は良き先輩として、わかりやすく教えてくれる」
「この人は自分も大変な責任を果たしつつも、周りに対する労りを忘れない」


                               …etc.

本当に、全ての人の素晴らしいところがあがって、そんな中で芝居ができる事に感謝がつきないね、と話しました。
でも、ワタシはその人自身が、一番周りに気を遣い、人を労り心配してくれている事を知っているので。

そんなその人にも、とても感謝をしているのです。

もうすぐ本番を迎え、このメンバーでひとつの舞台を創る時間が終わりを迎えると思うと…ものすごく寂しいけれど。
でも、だからこそ残り少ない時間をとてもとても大切にして、素晴らしい舞台にしなければと思いました。

そう話していると、芝居の中の台詞にとてもぴったり来るいい台詞がいっぱいあるんです。
元々、脚本の言葉の良さに惹かれて出演を決めた芝居なのですが。
そして集まったメンバーが、みんなで創り出す「EDEN」

きっと、かけがえのない空間になります。

顔つき。

久々に、顔を合わせて喋った人に。

なんか、顔つきや仕草に、女らしさが無くなってると指摘されました。
メイクプランの時に書きましたが、今回ワタシが演じるシープは、男の子なんです。

本番一週間前になり、日常生活もすっかりシープなワタシです。

ダンス特練。

振付の方に見て貰えるダンスの練習日は今日が最終日でした!
ダンス練習日はフル参加できているので、ちゃんと踊れるようにはなった…かな?

オープニングのダンス、単なる踊りではなく芝居の世界観や登場人物の紹介なんかも兼ねた振付になっています。
踊るみんなも、役者であってダンサーではないから。
ダンスの技術よりも、役柄の気持ちとして踊る事が大切、とアドバイスを貰っています。

と言っても、やはりちゃんと踊れる人を観ると自分のつたなさが恥ずかしいなぁとも思います。
日常的に、もっとトレーニングをしとかなきゃいけなかったなぁ…。

でも、かなり全体的にまとまったかっこいいダンスに仕上がってきと思います。
あとは自主練で!
より完成度をあげていくだけですね。

稽古終わりに、ラーメン屋さんに寄って帰りました。
写真はそこのメニュー。

20050909111806


「ミニジャンボ」って…どっちやねん!!

心外。

今日は、BLUEキャストの小返しつつ通し稽古の日。
昨日はREDキャストで同じ事をしていたので、バイトが終わってから駆け付けて見学をしていました。

でも、そのおかげでミザンスの変更とかも写してもらえたし、なによりダブルキャストの反対側を観るのってすごくタメになりますし。

色々、やろうと思ってた事を今日はやりました。
うまくいった部分もあり、まだ研究が必要な部分もあり。
主にカラミがある金箱さんが、ものすごく面白いんです!
稽古のたび違う面白い事をやられて、うまく拾えないのがすっごく悔しくて。

自分の芝居の弱点のひとつに、面白味の無い堅い芝居をしすぎる、ということがあるんですよね。
だから、そういう柔軟な芝居をする人とガチンコで稽古できるのは大チャンス!
必死で喰らい付いてる…つもりなのです。
そうしたら。
稽古終わりに演出の方から言われたことがちょっぴり心外でした。

BLUEの方は、キャラクター的に面白い事やってやろうという欲が強い奴が多い。
やりすぎたらグダグダになるから、稽古でやってないアドリブは禁止の方向で!
(そこで全員がカネバコさんを指差しました)
みみねっち!関係ないって顔しない!キミもじゅうぶんやらかしそうなんだから!」

えええぇ~~~!

こんなに食いついていこうと必死で探りまりのに!ワタシ!!
…いやいや、弱点がある意味克服できたと考えれば喜ぶべきなんでしょうが。

…うん。良かったのかな。頑張った甲斐があったみたいです。

軌道修正。

照明さんに見て頂くための、通し稽古がありました。

と言っても、もう本番前2週間を切ってるので、これからの稽古は通し稽古主体になりそうですが。

演出の方が、別の関わっていた芝居が千秋楽を迎え、久々に見て貰えたのですか。

ワタシの役、ちょっと軌道修正しなくてはいけないみたいです。
キャラクター性をたっぷり出しすぎて、モタついた演技になってしまっているとの事。
要研究、です。

観劇。

芝居を観てきました。
今回、EDENを演出されている方が、平行して演出をされている芝居。

稽古中に、少し様子なんかもきいていたし、どんな演出になっているんだろう?という興味もとてもありました。
ななえちゃんと、演出補佐をしてる小雪ちゃんも一緒です。

劇場に入ると、普通客入れの音楽が流れています。
それが、ちょっと変わっていて、ラジオ番組風なんです。

でも、普通のラジオを流しているわけではなく、今回の芝居の時代や題材に合わせて「ラジオ番組風」に録音したものなんですって。
面白いですよね。
その中で、EDENのCMも流れていました。
客席で、反応するワタシ達3人。
他の人たちには、普通のなにげないCMに聞こえてるんだろうなぁ。

芝居の中身は、現代劇で、面白いところありシリアスで泣かすところありの、ワタシ好みの内容でした。

特に、母親に無理心中されかけたと信じて大人になったヒロインが、誤解が溶けて母親に愛されていた事を実感し、自分が母親になる事を決意する…というくだりがあって。
EDENの、今回ワタシが演じるシープの根底に流れているものとリンクする部分があって、ものすごく心に響きました。
普段、芝居を観て劇場で泣いたりとか滅多にしないワタシなのですが、久々に涙腺刺激されてしまいましたよ…。

でも、ななえちゃんも小雪ちゃんも横でグスグスいってたので、芝居そのものがかなり入り込めるように感情が作られていたんだと思います。

観終わった後は、ケンタッキーでお昼を食べながら色々お喋り。
楽しかったです♪

いなづまゆげ。

今回の芝居、ワタシはちょっとだけヘアメイクを担当することになってます。
基本的には皆自分でやるのだけれど、部分的に自分でやるのが難しいところだけワタシがやるって感じ。

特に、男性陣の眉毛を整えるのは一手に引き受けました。
専門時代にやったミュージカルの時も、男子の眉毛は端から全員整えていったっけ…。
基本的に、ヘアメイク全般に興味はあるんだけど、眉毛には特に意識がいくみたいです。

男性って、眉毛を自分で整える人もいるけど、たいていの人ははやしっぱなし。
特に細眉とかにしなくても、無駄なとこの毛を処理するだけで、見違えるように顔つきがスッキリするんですよね!
みんな、男前度5割増しです!

整えたピカピカ眉毛を眺めて、ちょっと悦に入ってしまったりして。

そんな中、ちょっと特殊なメイクをする役の人がいまして。

眉を、かたっぽイナヅマ型にしたらどうだろう!と。
半分ダメ元で提案したら、採用になりました。

日常生活に支障があると気の毒なので、本番直前にしようと思ってたら、
「別にかまわないッス」との事だったので、やっちゃいました。

元々、立派な眉の人なのでやりがいがありましたー。
こんな見事なイナヅマが作れるとは!

20050906105407


ご来場になった方は、男性キャストの眉毛(ワタシの作品)も要チェックお願いします!
舞台出演情報

【客演情報】
劇団五○鬼(ごじゅっき)
『なんどのあわせ』

2017年11/23(木)~28(火)
北池袋新生館シアター

nando_tirasi_omote.jpg nando_tirasi_ura.jpg

プロフィール

みみね

  • Author:みみね
  • 本庄 美峰
    (ほんじょう みみね)
    6月10日生まれ、双子座B型。

    日常的なつぶやきはTwitterにて。
    アカウント【_mimine_】でやっております。

    フリーのMC・ナレーター・声優として活動中です。出演依頼、受付中!
    2010年2月1日より、劇団だっしゅの劇団員となりました。
    舞台出演も、精力的に頑張っていこうと思います。

    週末・祝日はキャラショーの「おねえさん」として、全国のステージに出没してます☆

    スパム的なコメント、公序良俗に反する宣伝コメントは削除させて頂きます。ご了承ください。
最近の記事+コメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
バナー

Linkを貼ってくださる方は、
こちらのバナーをお使いください。

 

カレンダー
ブログ内検索
CMサイト
声のお仕事で関わっているCMポイントサイトさんです。
QRコード
QRコード