*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビミョウに不調

またもや新人同士の練習会。
ほんとなら、こないだ録れなかった人の分のデモテープを取りたかったんだけど、皆が都合のいい時間帯に稽古場がとれず、カラオケボックスでの練習だけになりました。
場所の確保はなかなか難しい問題です・・・・。

今日は、今までやってなかった若い女性4人で掛け合いのある洋画の台本を読んでみたり。
4人ともに、それぞれ個性的なキャラクターなんだけどその演じ分けがやっぱり難しい。
ワタシの今の課題は、声の高低ではなく芝居で演じ分けるという事なのですが、ついつい声を作って喋ってしまう。
そうすると、ワタシの場合演技が上の空になってしまいがちなのですよ。

そして、童話が原作の戯曲を読んでみました。
こっちはいかにも戯曲的な言い回しや時代がかったセリフが多く、それを自然に演るのは難しい。

やればやるほど、課題が浮き彫りになる感じでした。
・・・って言うか、今日のワタシはとてもイケてなかった。
集中力も途切れがちだし、なにより全然声が出てない感じ。
・・・どうしたんだろう・・・心当たる事が(風邪とか、睡眠不足とか)ない分、ちょっと不安です。

寒くなってきたからかも・・・。
寒いの苦手なんで、それだけで憂鬱になりがちです。
しかも、日が暮れるのも早いし。訳も無く不安になっちゃったりして。

楽しい事、見つけなくっちゃ。
スポンサーサイト

美人とは

休日だったので、ゆっくりネットサーフィンを楽しんでいたところ、「美人の定義」について書いてある連載のエッセイを見つけて、じっくり読みふけってしまいました。

と言うのも、ここ最近、母と「今、美人といえば誰か」というテーマで議論していたんもんだから。
色々な人の名前があがったものの、双方の一致する意見での「美人」は吉永小百合さんと沢口靖子さんだけでした。
ワタシのあげる、今テレビによく出ているタレントや女優は、母からすると「この人はクセがある」「この人はキツイ」と納得してもらえず。
逆に、母があげる人はみな、「この人、昔はキレイだったのよ~」で、テーマにそぐわず。
なかなかいないねぇと二人で話していたのでした。

こないだ、週刊誌でも「今の美人顔は?」という特集で、モンタージュで作られた25人の女性の顔写真を100人の男性に見せて、どの顔が美人か統計をとるという記事もみかけたり。
今ワタシの中で「美人とはなんぞや」というのは結構あついテーマだったりします。

いわゆる、黄金比というのがあります。
別名「美人定規」。例えば眉尻は小鼻と目じりをつないだ延長線上、目の幅は顔の幅の1/5とか。
専門時代にメイクの授業で習ったんだけど。
でも、その美人定規にピッタリあてはまる女性の顔のイラストは、はっきり言って全然キレイじゃない。
端整ではあるけど、会った次の日にはもう忘れちゃうような顔。
すっごい、「どこにでもいそうな顔」。
なぜなら、その美人定規の数値は多くの人の顔の、平均値だから。
おさまりが良く、コレと言って欠点は見当たらない顔なのです。
でも、ちっとも魅力的じゃない。

やっぱ、人と違う何かが、どこかが、その人の魅力なんだなぁって思います。
その個性を好意的に取るかどうかは見る人の好みしだい。
だから、母とワタシが共通で「美人」と認識する人は少なんだな。

ちなみに、ワタシが「美人」と思うのは菅野美穂さんとかりょうさんとか上原多香子さんとか観月ありささんとか。
・・・こう書いてみると、みんな全然タイプの違う人ばっかだなぁ・・・。

ビデオ

バイト中、本部の偉い人がビデオカメラを片手に現れました。
接客の様子を録るんだとか。
なぜか、ワタシご指名だったので緊張しました・・・。

その後、そのビデオを見せてもらって。
やっぱり、客観的に見てみると色々気が付くことがあります。
テキパキさを出してるつもりが、動きや相槌の頷きが小刻みすぎてめまぐるしかったり。
お客様に正面向いている時以外の視線のやり場や、動きに無駄があったり。

ほんの5分足らずだったけど、すっごい、勉強になった。

嫁ぐ日。

とうとうまゆみちゃんの結婚式。

今まで、学生時代の友達何人かの結婚式の二次会にはお呼ばれした事はあったけど、ちゃんと挙式から披露宴まで出席するのは初めてだったのでドキドキでした。
一緒に出席する、いしぽんやシライシと久々に再会するのも楽しみでした。

とてもいいお天気で、式場からは皇居を舐めてビル群が見え、最高のロケーションでした。
控え室に行くと、もう真っ白なウエディングドレス姿のまゆみちゃんがいました。
元々、彼女は美人さんなんだけど、今日はもうほんとに、筆舌に尽くしがたい美しさというか。
その姿を見ただけで、涙ぐみそうになりました。

挙式中も、初めて会ったときからの事が走馬灯のように流れて、バージンロードの一番奥に立つ彼女が、すごくすごく遠いところにいるみたいな気がしたり。
13年、ずっと大事な友達だったから。
ある意味、ちょうど一年前に出席した兄の結婚式よりもじ~んとしてしまいました。

披露宴では、ワタシは新郎新婦の紹介文を読むという役をおおせつかり。
緊張はそんなにしなかったんだけど、もっとうまくやれたという後悔があります。
なんと言うか、下手で。
大事な人の晴れの日に、こういう形でお手伝いが出来たのは嬉しいけど、でも、もっともっと出来たはず、という自分への歯がゆさがありました。
そして、シライシのスピーチがすごく良くて。
ワタシたちが大事に見守ってきたまゆみちゃんを、取られるような気持ち。
でも、頑張って幸せをつかんだ彼女を祝福する気持ち。
それがすっごいシンクロしてしまって・・・泣いてしまいました。
まゆみちゃんも泣いていました。

お色直しのコーラルピンクのドレスも、とてもきれいだった。
そして、お料理も。かなり久々にちゃんとしたフランス料理のコースを食べました。

普段は穏やかでおっとりした印象のまゆみちゃん。
几帳面で、真面目で、責任感が強いまゆみちゃん。
でも、じつはかなり頑固で、芯の強さをもってるまゆみちゃん。
そして、誰よりも優しく美しいまゆみちゃん。

ワタシの知ってる彼女を、今日は全部見ることができました。
おめでとう。
ぜったい、幸せになってね・・・!

再会。

明日、まゆみちゃんの結婚式に行くときつけようと、ヘッドドレスを作成しました。
いわゆる、ゴスロリファッションの人がよく頭につけてる、レースがいっぱいついた布の髪飾り。
以前からゴスロリには興味があって、着てみたいと思ってたんだけど、日常で試してみる勇気は無く。結婚式では黒のドレスを着るのでチャンス!!と思ったのです。
材料は買ってあったので、そんなに苦労せずできました。
ただ、やっぱり初めて作っただけあって丸い部分のレースがよれてしまったりして、見苦しいところも多々あるので、次作るときは改善しよっと。
・・・次があれば、だけど。

さて、夕方から夏にバイトを辞めたM君と久々に会いました。
と言うか、呼び出して愚痴を聞いてもらいました。
彼が一緒にバイトしてる頃から、仕事の事や人間関係のことなど、色々と話してきたから久々に話せて嬉しかった。
なんというか、M君は非常に男性の感性を感じさせないコメントを言うのですよ。女性っぽいというわけでもないのに・・・。
貴重な意見を聞けたりするので、こうやって話す時間はとても楽しい。

夕方までシフトに入っていた同期&後輩の人も途中から合流して、かなり遅くまで語り合っていました。
フシギ。
学校や仕事など、それぞれに別の場を持っているのに、5年近くも一緒にいる。
バイトという共通点を語り合う事もできるし、お互いの世界について知らない事を教えあう事もできる。
フシギな関係です。
でも、彼らがバイト(大学etc.)を卒業したらこう頻繁にダベる事はできなくなると思うと、寂しいです。

忘れ物。

今日も、1日バイトだったんだけど、出掛けにちょっとバタバタして、大切なモノを忘れてしまいました。
携帯電話。
バイト中なんて別に必要ない物だけど、なにか大事な連絡が入るんじゃないかと、ずっとソワソワしていました。
たまーに忘れちゃう事って、あるんだけど。
大抵は特に速攻返事をしなきゃならないメールが来たりもせず、ちょっとがっかりして終わるのですが。
というか、一通のメールも着信もなかったら逆にすっごい切ないかも。

でも、今日はちょっと帰りが遅くなったというのもあり、祖母が心配して何件もメールを入れてくれてました。
祖母は、年齢のわりにはびっくりするくらい携帯のメールを活用しているので・・・。
だから、いつもは帰れないならそれなりにすぐ返信をするワタシからの返信が無かったため、心配をかけてしまいました。
・・・そのメールは、ワタシの部屋で着信音を鳴らしていた、というね・・・。
ちなみに祖母からのメール着信音は魔女の宅急便の「めぐる季節」です。
そんな事はどうでもいいけど。

夜、まゆみちゃんから電話がありました。
以前この日記にも登場した中学以来の友達、まゆみちゃん。
彼女の結婚式がとうとう明後日に迫っているのです。
このタイミングで電話・・もしかして、披露宴でのスピーチとか・・・!!??とドキドキしました。
でも違って、新郎新婦の紹介文を、読む係をやって欲しいとの事。
本来お仲人さんがやる事なんだけど、今回の二人はお仲人さんを立てずに式を挙げるので、ワタシにお鉢が回ってきたというわけです。
よーし、頑張るぞ・・・。

自業自得。

朝。
と言っても、まだ真っ暗でした。
なんと言ってもまだ4時前!
カラオケボックスを出ると、シトシト冷たい雨も降ってきました。

時間通りに来たタクシーに乗り込み、乗り換え駅を告げる。
タクシーの運転手さんと、ラジオから流れるプレスリーの歌の事や、映画話をぽつぽつと交わす。
そのうちに、なんでこんな時間にタクシーを呼ぶハメになったかも説明。

料金メーターはかなりな早さで回っていきます。
・・・深夜料金、3割り増しか!!!
やばいです。もしかしたら、手持ちのお金では足りなくなるかもしれない・・・。
そんな不安を抱えながらワタシがメーターを見つめていると、運転手さんがひとこと。
「・・・よし、じゃあ特別だ!」
ポチっと、運転手さんはメーターを操作します。
なんと、3割増しを解除して、普通料金にしてくれたのです~~~。ありがたや・・・。
よーくお礼を言って、電車に乗り換え。
バイトには、間に合ったけど・・・哀しいかな、今日のバイト料の3倍近いタクシー代が飛んでいきました・・・。

バイトは2時間だけ。
その後は、新人同士の練習会の一応のまとめ、デモテープを録るため稽古場へ。
今まで何度かやってきた洋画風の台本とそれぞれが個人でやりたい題材を持ち寄って録りました。
ワタシは今回は、大人な女性のナレーションメインに。
これを、社長に提出するんだ・・・。

その後、みんなでお昼を食べて解散。
ワタシはそのまま地元駅へ。
バイト先のミーティングがあったのです。
同期や後輩のみんなと、色々改善点などを話し合い・・・終わったのはもう夜。
さすがに、もう眠くて眠くて・・・。
眠気で気持ち悪くなるくらいでした。

いい事もあったけど、昨日終電を逃したせいでとにかくしんどかった。
反省です。
もう二度と、やんない。

迂闊。

同好会の企画で、アテレコの練習会がありました。
既存の海外ドラマの日本語版から台本を書き起こし、アテレコの練習をするというもの。
今日が第一回目だったので、機材のことなどでなかなか順調とは言えない滑り出しでした。
この反省を、次に生かさなければね。

で、練習会が終わった後、参加したメンバーのうち何人かとご飯を食べてるうちに・・・うっかり、終電を逃してしまったのです。
携帯電話の乗り換え案内サイトで調べたのですが、どうもなにか間違いがあったらしく・・・。
ホームに立った時にはすでに10分前に終電は走り去り。
ワタシは、とぼとぼとオールに流れ込んでいたみんなのところに合流しました。

ところが。ひとつ、問題が。
翌日、ワタシは早朝バイトがあったのです。
しかも、オールすることになった駅からは、始発に乗ってもバイトには遅刻してしまう。
・・・どうしよぅ~~~。

しばし葛藤の末、途中乗り換える駅までタクシーを呼ぶことにしたのでした。
タクシー会社の電話番号を聞き、翌朝かーなーり早くにカラオケボックス前まで一台回してもらえるように手配。
・・・てか、その時点でもう出発しなきゃいけない時間まで4時間を切っている。
次の日も予定が詰まっていたので、みんなの歌声をBGMにちょっとでも寝ることにしたのでした。

・・・事の顛末は、翌日に続きます。

歌と語り。

以前からワタシが持っていたカラオケボックスの割引券が今月末で期限切れのため、同好会の友達数人を誘ってカラオケに行きました。
そのまま、みなみちゃんちに遊びに行く計画で。

人数が多いのでカラオケは軽~く4時間を計画。
でも、あっという間でした。
そして、みなみちゃんちへ移動。
またもや、MASAさんの手作り夕飯をご馳走になりました。

そして、色々語りタイム。
恋愛話、単なる雑談、人間関係の事、仕事の事・・・そして芝居の事。
語ることは尽きず、結局また泊まらせてもらうことに。
前に置いていった、MY歯ブラシ2回目の活躍でした。

原宿デビュウ。

生涯2度目の、原宿散策をしてきました。
と、言っても前回のときは仕事で原宿のスタジオに行ったとき、早く着き過ぎたための時間つぶしの散策。
今日は、完全に遊ぶために原宿に行って来ました!!

昔、あさぎり夕先生の「なな色マジック」という漫画がすごく好きで、その舞台によく登場した「原宿」という街に密かに憧れを持っていたのですが・・・。
特に用事もないし、普段の行動範囲から外れているので、行ったことのなかった街。すっかりおのぼりさんです。
まず、表参道をずーっと歩きました。
テレビでよく見る風景だし、実は選挙のウグイスのお仕事で表参道は通っていたので、見覚えがある。
高級ブランドの店が立ち並ぶのを横目に、キディランドへ。
原宿まで来て、結局おもちゃとキャラクターグッズを見てました。

その後、憧れの(?)竹下通りへ。
修学旅行の中高生に混じりながら、いろんなお店を見て歩きました。
目立ったのは、シルバーアクセサリーのお店とゴスロリファッションのお店。
どっちも、結構好きなジャンルなのでワクワクしました。
でも、結局買ったのはミリタリーなシャツ。厚手だし、上着にできるな~と思って。
そして、竹下通りに来たからには!と食事後でけっこうおなかいっぱいの状態にも関わらずクレープを食べました。
キャラメルチーズケーキ生クリーム。極甘でした・・・。

1日、すっかり堪能した頃にはかなり足が疲れていました。
でも、楽しかった!
・・・今度は、こんな感じで下北沢を堪能したいな♪

試行錯誤。

一日おきというハイペースで、新人同士の練習会。
今日は、稽古場が借りられなかったので新宿のカラオケボックスにて。

カラオケボックスって、案外防音が甘いので、超深刻なシーンなのに隣の部屋から「宇宙戦艦ヤマト」の歌が聞こえてきたりとか。
普段とは違う意味で、集中力が要る環境でした。
飲み物を運んでくる店員さんも、ちょっと怪訝そうだったりして。

今までは3人だったんだけど、今日はちょっと多めの5人だったので、登場人物の多い台本を順番に役を代えてやってみたり。
タイプの違う少年2人と、そのお母さんとかおばあさんとかが出てくるんだけど・・・ワタシ、少年よりも年輩女性の方が評判がよかった。
・・・路線変更かしら・・・。
いやいや、少年と平行して年輩女性も研究していこうかなと思った。

ミーティング

バイト先でちょっと問題になっている、高校生の女の子に関して社員の方とミーティングをしました。
その、社員さんが問題の彼女を甘やかしている事が、彼女が自分の事を本心から見つめて反省する事の妨げになっていると思えたから。

社員さんのほうとしても、思うところあっての態度だったみたいなんだけど、やっぱりそれが悪影響として他の人から不満が上がっている以上考えてもらわなきゃなんない。
人を育てるのって、難しい。
仕事を教えるのだけなら、そりゃあ時間をかければなんとかなってくるけれど、こういう人間関係はその人自身の考え方や性格まで、踏み込まなきゃならない事だから・・・。

ただ、今回の件に関しては「まだ子供だから・・・」とみんなが許容してきてしまった事が、コトを大きくしてしまう原因になったと思うので。
年齢は関係ないですね。お金を貰っている以上、高校生だってその事にはもっとしっかり責任を感じて欲しい。
同じ高校生だって、すごくしっかり仕事に対している人はたくさんいるから。

苦手克服

新人同士の練習会、2回目。
結構間隔を詰めてやっていきたいと思うのですよ。

こないだからやっている、洋画っぽい台本を集中してやりました。
メインは女性2人で、10分間くらいのもの。
今日は冒頭のシーンだけ集中的に、役を入れ替えながらやってみました。
自分もダメ出しをもらう反面、勿論ワタシも相手にダメ出しをしなきゃぁならない。
ここに何回か書いたけど、ワタシはダメ出しがすっごい苦手なのです。

ワタシたちレベルでのダメ出しって、もちろんお互い成長過程の真っ只中なわけだから、自分の事は棚に上げなきゃなんにも言えない。
だから「自分もできて無いのに言えない・・・」という事ではないのですが。
色んな解釈や表現方法があって、他の人がやったのが自分と違うのでも、「ああ、そういうのもありだなぁ」と感心してしまうのが先に来てしまうと言うか・・・。
いや、たぶん芝居を観る事に対する感性がまだまだ鈍いんだと思います。
そういう意味でも、この練習会はタメになる。

それはそれとして、昨日かけたパーマの初披露でした。
朝からバイト先で、後輩の子に「あれ、ネグセですか?」と言われショックだったので、練習会に行くときは念入りにセット。
思ってた以上にセットが難しくめんどくさく、慣れるまではなかなか大変そうです。
でも、その甲斐あってか、練習会での評判は上々でした。

パーマネント。

ここ数日、ワタシの中で「パーマをかけたい熱」が超沸騰中でした。
もう2年くらい今の髪型(マッシュルーム+ウルフな感じ)なんだけど、ここ2~3日で急にガラッとイメージの違う髪形にしたくなって。
そうなると街を歩いてても目がいくのは道行く人の頭ばかり。

多種多様な角度からの検討の結果、パーマをかけたいと!いやかけるしかないと!!決まったわけです。
次の段階は美容師さんにうまく伝えるために自分のイメージ通りの写真を探す。本屋でヘアカタログをぺらぺら。
・・・イマイチ。
ネットで探しまくり、いくつか「こんなん?」という写真を見つけてプリントアウト。
そして、バイトを少~し時間を減らしても即予約。

我ながらすごい情熱と思います。
しかも、その事が頭にある間、事あるごとにそれを口にだすもんだから。
ここ数日私に会った人は、一日に何回も「パーマかけたいんだよね!」と言うのを聞かされたことでしょう。
なんか、口に出す事で現実に近づいていく気が・・・しません?

と、言うわけで今日人生初パーマ(ストパはあるけど)をかけてきました。
ワタシが思い描いていた髪型には、長さが足りないためできなかったんだけど、雰囲気は伝わったようで、くしゃくしゃっとした感じのガーリーな髪に仕上げてもらいました。
これで中途半端な長さを乗り切って、久々にちょっと伸ばしてみようかなぁと思ってます。

切磋琢磨。

事務所の新人同士の練習会。記念すべき(?)一回目をやりました。
子供ショーが入ってしまうと参加できないなぁと思っていたのだけれど、運良く空いたので無事参加です。

この練習会の目的は、お互いの苦手なところを得意な人から勉強し、苦手は克服して得意を伸ばす。そんな欲張りな練習会です。
そして、月に1本はデモテープを作る事。

今日は洋画っぽいものと、アニメっぽいものを一つずつやりました。
ワタシの苦手ポイントは、役によってまず声の質を変える事に意識がいってしまっているのか、芝居がおろそかになる事。
特に、可愛い系統のキャラクターを演ずるときに高めのトーンの声を出すために肝心の芝居に集中できなくなっている事。
自分の声を生かした上でのそれぞれのキャラクターにしていきたいと思うので・・・。

時間いっぱい稽古場で読み合わせ、その後は喫茶店でお茶をしながら芝居談義。
楽しかった。

映画の秋。

ここんとこ、朝夕の寒暖の差が激しいですね。
朝、バイト行くときは上着が絶対必要な寒さなんだけど、昼間晴れると半そで一枚でも充分なほど。
危ないのは昼間出かけて夜帰ってくるとき。暖かいからと油断してると、日が落ちたとたん急に冷え込みます。
こういう季節に、風邪引きやすいんだよね・・・気をつけなくては。

今日の日中もポカポカ陽気でした。空もホント青くて。
池袋にお出かけしてきたんだけど、ビルの隙間に見える青空がくっきりと濃くて、きれいでした。

池袋に行ったのは、映画を観るため。
「リターナー」です。前から見たかった映画。

こういうと「ああ、金城武すきなの?」と言われますが、違うのです。
ワタシの目的は主演の金城武さんではなく、悪役の岸谷五朗さん♪
映画の宣伝番組をテレビで観たときから、五朗さんの銀髪の悪役に魅せられていたもので・・・。
悪役と言っても色々あるけれど、今回の役はホントに「悪」。
ポリシーなどをうかがわせる深い役ではなく、衝動的で刹那的な悪いヤツでした。
でも、それがかっこよかった!!最期のシーンも、やられ際までかっこよかった。

ストーリーも面白かったし、金城武さんもアクションがかっこよかった・・・けど・・・。
セリフが、なんというか間延びしてるとこが気になった。
彼の芝居は以前テレビドラマで見た事があったけど、その時は気にならなかったのに。役柄のせいでしょうか。
母国語じゃない言葉で芝居をするのって難しいんだろうなぁと感じました。
体や、表情の芝居は決して違和感がなかっただけに・・・。

でも、邦画のアクション映画では、今まで観た中で一番の迫力でした。
映像技術も高く、ハラハラさせるストーリー展開とアクション。
面白かったです。

劇場予告で、またいくつか観たい映画が出てきてしまった。
とりあえず「マイノリティ・リポート」が気になります。

指導難航。

いつもと違う時間帯に、バイトに入って来ました。
いつもは6時~14時の8時間シフトが多いんだけど、今日は9時~17時の8時間シフト。3時間、後ろにずれたわけです。

同じ8時間でも疲れ方がなんか違う・・・。
なんだか、9時に入ったのに感覚は6時のままで、ピークの時間とかにお客様の流れを読む勘もにぶってしまっていた感じ。
やっぱ、生活リズムって大事だなぁ。

その代わり、朝に毎日来店される常連さんが夕方に店の前を通っていくのを見かけたりと、楽しい事もありました。

バイト先では、ワタシはすっかり古株だし年齢的にも上のほうなので(パートの主婦さんたちはのぞいて)後輩を教える機会がやはり多いのですが。
最近、一人の高校生の女の子が、問題になっていたりします。
なんというか、人に接する態度にとても裏表があって、自分より上の人がいるところではいい子にして、いなくなると威張り散らしているらしい。
こういうこと、結構起こるんだけど。難しいですね。
仕事面での注意はいくらでもできるけど、こういうことってなかなか・・・。ワタシも含むいろんな人から注意はされてるはずなのに、その時だけ反省したりヘコんだりはするけどその後改善されたという感じがしないのです。

で、方向を変えてみようと。
彼女だけの問題ではなく、その態度を受け入れてしまっている回りにも問題があるということで、彼女と同程度の立場の人の実力アップをはかって、威張られてもちゃんと言い返せるようになって貰おうと、トレーニング中です。
はやく、解決するといいなぁ。
やっぱり、働くからにはみんなで楽しく働きたいですものね。

練習会&びっくりメール

今日は2本立て。

同好会の練習日。
基本的には月一回やってるんだけど、先月は月末だったからとても間が詰まってる感じ。

今日はただの稽古場じゃなくて、録音ブースもついているところだったので、今まで練習してきた台本を録ったりしました。
やっぱ、自分で客観的に聞かなくては。
色んな台本が揃ってておもしろい。
自分で練習してるだけだとどうしても自分の好みのジャンルのものばっかりやってしまうので、こういうのは、幅が広がるなぁ。
自分でやってたら絶対ロボットモノとかやんないと思うもん・・・。

で、ゆず原作の作品も正キャストが決まって初の読み合わせでした。
ワタシは演出という立場なんだけど、なにしろやったことないし、ただでさえ人の芝居に駄出しするのが苦手なので苦戦。
でも、自分が役者として参加するよりも広い視野で作品を見たり、考えたりできるなぁと実感しています。
こういう経験を、ちゃんと自分自身の芝居に生かさなきゃなぁ。

さて、家に帰ってパソコンを開いてみると、この「さるさる日記」を通して一通のメールが。この日記読んでくれてる人って、みんなワタシの身内な人ばっかだからなんだろう?と開いてみると・・・。
びっくりでした。
20年近く前に、同じ保育園に通っていたY君からのメールでした。
ワタシの名前、珍しい名前だからみつけて「?」と思って、そして写真を見て(たぶん事務所のHPの)面影があると思って連絡をくれたとの事。
20年音沙汰無かった、そして今は遠いところに住んでいる人とこうやってつながることができるなんて。

すっごいなぁ・・・ネットって・・・とつくづく思いました。

歌を歌おう。

ゆずが、また家に来ました。
同好会で作る作品に「アヴェ・マリア」というアリアが出てくるため、その仮歌をワタシが歌うのでその伴奏をひいてもらうためです。

まず、駅前のK’sデンキに行ってマイクを購入。
今までは、あまり質の良くないマイクを使っていたのですが、これを期にバージョンアップ。
これでいい音でデモテープをいっぱい作るのです・・・。ふふふ。

ワタシは学生時代から結構長い事声楽をやっていたのですが、最近は殆ど練習もしていなくて。
久々に歌ってみると、びっくりするほど声が出ない。
セリフを喋るときの発声と、声楽で使う発声は全然使い方が違うのです。
だから、発声とマイクテストの意味も兼ねて、以前の課題曲などを歌ったり録ったりしました。
学生のころも、ゆずに伴奏を弾いてもらって歌ったりしていたので懐かしい。
小一時間も歌っていると、段々声が出るようになってきました。

高音は結構早い段階から出るんだけど、中低音をキレイに出すのがなかなか時間がかかる。なんとなくピントがあってないというか、ぼやけたような声になってしまうのです。
女声の場合、声楽はすべて裏声で歌うので。
低い音ほど、裏声できれいに歌うのは難しい。
せっかく、努力して身につけた自分の声だから、維持できるように練習し続けなきゃと思いました。

意思疎通

専門時代の友達に誘われて、芝居を観てきました。
2回目の公演になる、若い劇団。キャストもみな若く(ワタシとほぼ同じ~年下?っぽい感じ)芝居全体が若々しい感じ。
分かりやすくて、面白かったです。
・・・ワタシ、頭使いながら観ないと分からなくなる芝居は苦手・・・。

帰り道、新宿でJRの切符売り場にて。
英語のガイドブックを片手にした外国人の男性が、話しかけてきました。
どうやら麻布十番に行きたいらしい。
麻布十番に行くには、5分ほど歩いて都営大江戸線に乗らなくてはいけません。
・・・向こうの言わんとしていることはだいたいわかるけど(路線図持って指差してるから)、複雑な新宿の地下道を口頭で説明する英語力を持ち合わせなかったワタシたちは、一緒に大江戸線の改札まで案内する事にしました。
ワタシ、学生時代から英語ホントに駄目で・・・。今となっては学生時代よりさらに退化してるわけで。
でも、意志の疎通はできるもんですね。
「トゥギャザー」で方向を指差し、「ウォーク5ミニッツ」と言うと向こうは「オーイエー」。
通じた事に嬉しくなったワタシは乏しい英語力を駆使して話しかけたのでした。
で、オーストラリアから来た。写真を撮りに来た。3日間で帰る。などなどの情報を得たりして。
友達は「地下道、ジャパニーズでもディフィカルトね~」なんて、まるで漫画のような事を言ってたり。それでも通じるんだから、面白い。

お互いが「コミュニケーションとりたい!」っていう気持ちを持ってれば通じるんだな~と思いました。
でも、やっぱり英語力はあったほうがいい・・・。学生時代、もっとちゃんとやっとけば良かったなぁと、ちょびっと後悔しました。

伸びる前には、ちぢむもの。

プレゼンのお仕事をいただいたので、やってきました。
私と同年代の女性2人が楽しく会話してるシーンを、ひとりでやってきました。
声、変えたつもりだったけどほとんど変わってなかった・・・。難しい。

帰りがてら、事務所に顔を出して久しぶりに社長とお話をしました。
・・・叱られました。
ワタシは準所属なんだけど、その期間は今年度いっぱい。
3月には、正所属になるための審査があります。
それに対する、緊張感・緊迫感は高まっているつもりでした。

でも、まだ足りなかったみたい。
もっと、自分を追い詰めないといけないようです。
頑張ってるつもりだったけど、社長にはその頑張りはまだまだ足りないように見えたらしい。

そんな感じでややへこみながら帰宅。
でも、同期のえりちゃんとチャットでその事を話しているうちに、へこみは段々やる気に変わっていきました。
今回の事で、気が引き締まった。
「半年後、みんなで笑おう!」と誓い合ったのでした。
舞台出演情報

【客演情報】
劇団五○鬼(ごじゅっき)
『なんどのあわせ』

2017年11/23(木)~28(火)
北池袋新生館シアター

詳細は追って告知いたします。

プロフィール

みみね

  • Author:みみね
  • 本庄 美峰
    (ほんじょう みみね)
    6月10日生まれ、双子座B型。

    日常的なつぶやきはTwitterにて。
    アカウント【_mimine_】でやっております。

    フリーのMC・ナレーター・声優として活動中です。出演依頼、受付中!
    2010年2月1日より、劇団だっしゅの劇団員となりました。
    舞台出演も、精力的に頑張っていこうと思います。

    週末・祝日はキャラショーの「おねえさん」として、全国のステージに出没してます☆

    スパム的なコメント、公序良俗に反する宣伝コメントは削除させて頂きます。ご了承ください。
最近の記事+コメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
バナー

Linkを貼ってくださる方は、
こちらのバナーをお使いください。

 

カレンダー
ブログ内検索
CMサイト
声のお仕事で関わっているCMポイントサイトさんです。
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。