*All archives* |  *Admin*

マッサージ。

最近テレビの話ばっかだけど、今日は「テレビチャンピオン」を観てました。
この番組、テーマによって面白さが全然違うのですが、職人系のものだとたいてい観ちゃいます(その際裏番組の「うたばん」は録画)。

今日のテーマは「マッサージ王選手権」!!
ワタシはプロフィールの趣味の欄に「ツボ押し」とあげてるように、マッサージにはとても興味があるのです。
今でも「いつかは資格をとってやる」と独学で勉強中。
今日出ていた人たちはとても幅広いジャンルのマッサージの達人たちで、みんな一回受けてみたい・・・。と思わせる素晴らしい人ばかりでした。

ワタシにとって「マッサージ(すること)の素晴らしさ」は、母が教えてくれました。
ごく最近までバリバリの編集者として働いていた母はひどい肩こり&頭痛もちで、腎臓も悪い。しょっちゅう悲鳴を上げる母の背中にまたがってあんまをしていたから、なかなかの腕だと自負してるのですが。
ただし、女性に限り。男性はワタシの力だと物足りないみたい。
ワタシのこの手と指が、母を楽にしてあげられる、というのが根底にある喜びみたいです。
人とのコミュニケーション手段の一つでもある。
「この人を楽にしてあげたい」って気持ちを指にこめてやった方が、だんぜん効果があるような気がします。
今は、自分自身も手足のツボ押しで色々助かってるんですけどね。

でも、たまにはワタシもやってもらいたい。
今度、どこかのマッサージに行ってみようかなあ。
スポンサーサイト

歌番組。

「速報!歌の大辞テン」という番組を観てました。
最新のベスト10と、昔のベスト10を比較しながらランキング発表していく番組。
今日は平成5年の何月かのベスト10。
平成5年て、そんな昔か~?と思ったけど、もう9年前なのね。

その頃、ワタシは一番流行の歌を意識していた時期だったので、ベスト10どころか20位の歌まで、たぶん全部歌えるだろうなーって思いながら観てました。
その頃(中学~高校時代)は、毎週洋裁の課題があったから、日曜の午後にラジオのヒットチャート番組を聴きながら裁縫をするというのが習慣になってた。
その名残で、今でも針仕事するときは音楽がないと集中できない。
針仕事どころかワタシはウチにいる時間ほとんどすべてテレビか音楽が流れてるけど。
流れてないのは芝居やナレーションの練習してるときくらいだなぁ。

音楽のジャンルは色々です。
J-POPが多いけど、最新のものより一昔前のが多いかも。
世界の民俗音楽にハマってたこともあったから、それ系のCDも結構持ってるし、ミュージカルのサントラとかもある。
でもやっぱ、聴きながら一緒に歌える曲が多いかな。
最近のお気に入りはモーニング娘。、中森明菜、山口百恵といったところでしょうか。

芝居の形。

戯曲を朗読する、というちょっと変わった企画の公演を観てきました。
通常の芝居として観るのと、やはり雰囲気が違って、興味深い。
観てる方の想像力に任せられてるというか・・・。
ちゃんとト書きを読む担当の人もいて。

脚本自体が、劇作家協会の大賞の最終選考まで残った作品とのことで、よくできたものだったんだろうなぁ。
劇中で一言も発しない登場人物がいて、その人は舞台上にいないんです。周りの人の会話やト書きでその人物の行動や表情がわかる。
最後まで観ると、その実際にはキャスティングされてなかった、一言もしゃべらなかった人物が一番存在感があったと思う。

芝居には、いろんな形がありますね。勉強になった。

雨。

一日中雨降りでした。

ワタシの母校の創立者の著書に、子供向けの短編集のようなものがあるのですが、小学校時代に授業で繰り返しノートに書いた、大好きな一遍を思い出しました。

「春風が吹くたびに、春雨が降るたびに、様々な草の芽が、嬉しそうに伸びてゆきます」

ってところ。

6月生まれだからかわかんないけど、ワタシは雨が好きです。
今日のような春雨も好き。夏の雷を伴う激しい夕立も好き。台風も好き。
・・・どれも、「家の中から見ている分には」って注釈がつくのがずるいけど。
家にいてなにかしら作業をしているとき、雨の音がするととても落ち着くし。
あと、夕立前の「雨を予感させるにおい」がとても好きです。水のにおいというよりか、湿った土のにおい、と言うのかな?
ドキドキわくわくするにおいだな~。

稽古場見学

この秋に旗揚げ公演をするという劇団の稽古場におじゃましてきました。
主になってる人が、子供ショーのバイト先でご一緒という縁なのです。
同じく子供ショーの事務所でのお友達と3人でいきました。

見学のつもりだったんだけど、稽古に参加させて貰っちゃった。
短いテキストを、役や組み合わせを入れ替えて次々にやっていくもの。
当然、ワタシはそのテキスト初見だったのでいきなりやって前後のつながりとか役作りとか、ほとんど無しだったので反省点ありまくりなのですが。
割とコミカルなテキストだったので、「型から外れた面白いことができない」という弱点持ちのワタシにはちょうどいい試練でした。

久々に、人前で立って芝居ができて、嬉しかった。
自分の体が思うとおりに動かないもどかしさとか、懐かしい感覚だったりして。
あちらの方に、「声に存在感がある」と言ってもらえたのも嬉しかった。

この先も、できたら稽古に参加できたらなあと思ってます。
久々にやってみて、自分がこういう形の芝居の稽古に飢えていた事がよーくわかったので。
やっぱり、舞台に立ちたっかたんだな、ワタシは。と思ったのですよ。

オーディション

ゲームの、二次オーディションを受けてきました。
実はワタシ、ちゃんとスタジオでするオーディションってこれが初めてだったのです。テープオーディションはいくつかあるんだけどね。

スタジオには同じ事務所の人やマネージャーさんもいたので、まだ救われたのですが・・・。やっぱり緊張した!
手のひらに汗かきまくり。

スタジオで同じ時間にオーディションを受けた人の中には、声優雑誌のグラビアを飾ってる人や、今放映中のアニメの主役をやってる人もいたりして、なんか自分が同じ土俵に立っているのが不思議だった。
いや、そんなこと言ってちゃ駄目なんだけど。
結果は、まだちょと先にならないとでないんだけど、まぁやるだけやったんで。
ゆったりとした気持ちで待ってようと思います。
(それがなかなか出来ないんだけど。)

絵本の思い出

カラオケに行ってきました。(またかい・・・)
今度は、バイト先のちょっと年上のおねえさんたちと。
いわゆる、主婦のパートさんです。
初めて一緒にカラオケに行く人がいると、今まで聴いた事なかったジャンルの歌が聴けて嬉しい。

カラオケのあと、同行したお1人、Iさんと本屋をウロウロしてきました。
Iさんはワタシとほんのちょっとしか年が違わないのに、1歳の女の子のママで、落ち着いてて色っぽくて、ワタシが小学生くらいのとき「2x歳ってこんな感じ?」と思い描いていたような、素敵な女性です。

お子さんにいい絵本はないかな~、と児童書コーナーを見て回っていたら、ワタシも小さい頃大好きだった本にたくさん再会してしまいました。
「クレヨン王国シリーズ」、「おさるのジョージ(ワタシが読んでたのは「ひとまねこざる」だったけど)」、「てぶくろをかいに」、「100万回しんだねこ」、「はなさきやま」・・・etc.
な、なつかしい。
小さいとき、毎日寝る前に父と母が順番に本を読んでくれてたのを思い出しました。
今あげたような絵本から、小学校に上がってからはちょっと自分で読むには難しい本とか。
おぼえてるのは「鶴はなぜ一本足で眠るのか」だなあ。
いろんな動物の生態がテーマの短編集だった気がします。
毎日続きが楽しみで我慢できなくて、昼間親が留守の間にコッソリ続きを読もうと本を探したり。
(そんなこと親の方もお見通しで、本は隠してあったんですけどね)

そして、イチゴの絵本を見つけ、ついつい買ってしまいました。
ラストのページのイチゴ山盛りの絵が、ほんとにリアルで写真みたいで美味しそうで、たまらなくなっちゃった。
どうにかして、イチゴトイレの壁に飾ろうと考え中です。

そうそう、児童書コーナーに星新一の本があったんだけど。
星新一って、児童書・・・じゃないんじゃないかなあ。
ワタシは中学生の頃ハマって読み漁ってましたが。小学校高学年くらいなら、読めるのかな?

マツシゲさんの歌。

先日受けた、ゲームのオーディションの一次審査に受かりました!
うー、嬉しい。今度二次オーディションがあります。
頑張る。

1年半くらい前まで、バイトで一緒だったマツシゲさんと久々に会ってご飯を食べてきました。
ほとんどが年下だらけのバイト先で、貴重な同い年。そして、彼女はバンドでプロデビューを目指してる人なので、なにかと共通点が多く彼女がバイトを辞めた後もまったりと交流を深めてきた友人です。
その彼女のバンドの新作CDが完成したと言う事で、早速購入すべく今日のデートとなったわけです。
お互い近況を話したりしてると時間の過ぎるのはアッと言う間。

そして今、パソコンでCDを再生しつつこの日記を書いています。
ライヴで聴いた事のある曲がほとんどなんだけど、ライヴとは違って歌詞をじっくり聴けるのがいいですね。
ワタシは楽器の事とかはよくわからないから、やっぱり「マツシゲさんの歌」を主題に聴いてるのですが。
元々マツシゲさんの声が、ものすごくワタシ好みなんだけど、勿論それだけじゃなくて。歌の世界観が、とても良いのですよ。
たぶん彼女自身のもつ空気にワタシは惹かれているから。
彼女の言葉を彼女の声で歌っているから。
だから、じーんとするのだと思います。

本人もこの日記を読んでくれてるから、なんだかちょっぴり照れますね、ははは。
で、宣伝してしまおう。
マツシゲさんのバンド、EURASIA HEAP!のHPです。
ここからCDの購入もできるみたいですので、是非是非聴いてみてください。

http://eura.pos.to/

イチゴヨーグルト

昨日、新潟に行った疲れもまだ残したまま、今日も容赦なく8時間シフト。
バイトで体壊しちゃ本末顛倒だーと思いつつも、あまりにもガラガラなシフトをほっとくわけにもいかず。
う~ん、今日は休む気バリバリだったんだけど。

そして、くたびれきって家路に付く途中立ち寄ったスーパーで、イチゴヨーグルトを見つけてしまったのですよ。
春になるとイチゴの新製品目白押しで、めぼしいものはチェック済みだと思ってたんだけど。
イチゴヨーグルトなんて珍しくないけど、それはパッケージがすばらしかったのです。
スティック状に40gずつ個別包装されていて、上をピッと切るとスプーンを使わず食べられるのです。
イチゴ好きなワタシの、忙しい朝にぴったり!
あんまり嬉しくて、スーパーを出たとこでばったり会った、バイト仲間とその彼女さんにおすそ分けで上げてしまいました。
いいもの見つけると、自慢したくなっちゃうよね。

写真うつり

事務所のマネージャーさんからの電話で、なにやら顔出しのお仕事のオーディションに使うから、宣材(=宣伝材料)写真のネガを持ってきて欲しいとのこと。持って行きました。
ワタシの所属事務所は声優・ナレーターの事務所ではあるのですが、顔出しの仕事も実はちょくちょくあったりします。

ワタシの今の宣材写真は、去年の今頃撮ったもので、初めてちゃんと人物を撮る事を専門としているカメラマンさんに撮って貰ったものです。
事務所のHPに載ってる写真もその時のもの。
ワタシのその時の希望は「賢そうに撮ってください」でした。
でもカメラマンさんは渋い顔。女性の場合、やはりまず優しい笑顔で写るのが一番だと。
たしかにそうなんでしょうが・・・ワタシ、自分の笑顔、嫌いなんだもん・・・。
ほっぺたに肉があんまり付いていないため、笑いジワがものすごく深く入るのです。
しかも口元、目元だけじゃなくこめかみにも出る、笑いジワ。てゆーか表情筋。頭蓋骨に表情筋はりつけて、皮膚かぶせただけって感じの貧相な顔。
動いてる姿ではそこまで気にならないんだけど、写真はもう、なんか切なくなります。

最近ではCGで写真の修整をする事もかなり当たり前になってる感じですが、ワタシは普通の人と逆。ほっぺに肉をつけるほうの修正をやってもらいたいです。と言ったら、カメラマンさんは変な顔をしました。

ぷくぷくほっぺに憧れる~・・・。

そして、他の所属声優さんの宣材写真も見せてもらいました。
その中の一人、松来未祐さんの写真がめちゃくちゃ可愛くて!も~、可愛くて!!
彼女、ワタシが思うにたいていのとこで見かける写真は(雑誌とか)、「実物のが数倍可愛いなあ・・・」ってのが多いのですが、今日見せてもらったのはほんと、本人の可愛さをそのまんま写し取ってる感じの珠玉の写真でした。
初めて本人にお会いしたとき、なんか肌の内側から光がさしてるみたいな感じでした。
あれが、「華」とか「オーラ」とかいうものなのかしら・・・。

やまぶきの花。

ウチの近所では最近いっせいに山吹の花が咲き始めました。
「新緑」というにはやや濃い緑に散る、文字通り「山吹色」。
バイトでヘロヘロになった目にはとても眩しいけど・・・。
つい立ち止まって見てしまいます。

そして食い入るように見つめながら、心の奥にはいつも、もどかしいような苛立ちを感じます。

きれいで、きれい過ぎて、ただ見るだけでは物足りなくて、もっともっとこのきれいな花を愛でたいと。視覚だけでなく、もっとワタシの全て目いっぱいでこの花のきれいさをかみ締めたいと。
なのに、その方法がわからない。
そう思うからでしょうか。

ここ数日、ちょっと寒いです。
いや、今までが暖かすぎたんだけど。今週末、子供ショーで新潟に行く事になったので、新潟はどんくらい寒いのだろう・・・と寒がりのワタシはびくびくしています。

父と走る。

今日のジョギングは、父と並んで走りました。

ワタシの父は、トライアスロンやフルマラソンや100kmマラソンに月一ペースで参加する人なので、走ることに関してはかなり専門家です。
ウチの家族は今までワタシ以外はみんな走っていたのに、一人だけ「めんどい」とだらけていたので、ついにワタシも走り始めて父はとても喜んでいます。
ジョギングシューズも、買ってもらっちゃった。

ワタシは今のところ、1km5分のペースで3kmくらい走っていたのですが、もう少しペースを落として長い距離(もしくは長い時間)走った方がいい、と言われました。
確かにそのペースだと、今のワタシの体力では20分走るのが限界なんですよね。でも、実際「体力増強」を目的とするなら30分間走る方が良いと。
そのためにはもう少しペースを落とさないと、続かないので。
なるほどな~。
でも、父はワタシが1km5分のペースで3kmも走れるなんて、思ってなかったようです。
短大までのワタシの生活は基本的にインドアだし、体使うことは嫌がるしで・・・。父から見たら「体力の無い子」ってイメージだったんでしょうね。
ところが専門学校時代、がむしゃらにダンスや殺陣やパントマイムやらをやったから。腕立て50回に木刀素振り50回なんて、ワタシがやるようになるとは思わなかったでしょう。そして、その時培った体力が、まだ体に貯金されてたみたい。

普段ワタシは父母と離れて生活しているので、2~3ヶ月に一度くらい会うとボーリングやカラオケなどに一緒に出かけるのですが、これからはそのレパートリーに「走る」も加わりそうです。

事務所の旅行、その2。

さて、宴会のあとにまたチーム対抗のゲーム大会です。
幹事さんたちの入念な準備と芸達者な参加者が一体となり、盛り上がる盛り上がる。基本的にみんな声が一般よりでかいので、騒がしい事この上ない。ホント、貸切でよかったです。
めっちゃくちゃ、楽しかったですよ。
(ワタシのチームはビリだったけど・・・トホホ)

その後もUNO大会があったり、新人と先輩とマネージャーでの業界マジトークがあったり、あっという間に夜は更けていきました。かなりの人が寝たのは明け方だったのでは・・・。

翌朝、それでも8時に朝食をとり出発。
今度は「たくみの里」という、様々な民芸品の手作りが体験できる場所へ。
色々悩んだ末、素焼きの鈴に自分で絵をつける、と言うのをやりました。
絵柄は、桜の大木の下に座る今は亡き愛猫、ちゃたを描きました。
去年の旅行ではグラスに砂を吹き付けて絵を描くのをやり、やっぱりちゃたを描いたのでした。
あの時は、まだちゃたは元気だったのになあ、とか思い出しながら。

お昼にうどんを食べたら、その後は一路東京へ。
帰りのバスでは、さすがにみんな爆睡してたみたいです。

ものすごく充実した、二日間でした。
楽しかったし、タメになったし、触発されたし、そしてぐったり疲れた二日間でした。
来年も、参加できるといいなあ。

事務所の旅行、その1。

今年も、事務所の旅行に参加してきました。

行き先は、群馬です。
まずバスの中で、自己紹介。昨日のとこにも書きましたが、同じ事務所でも、会ったことのない人も結構いるので。特に新人さんにとっては、先輩方と接する最初のイベントです。
そのとき、自己紹介と一緒に統一テーマでのコメントがあるのですが、それが今年は「生まれ変わったら何になりたいか」。
みんな、面白い事を言うのが当たり前な雰囲気なのですごい悩みます。
ワタシは・・・「ウェイトリフティングの選手みたいなマッチョになりたい。胸筋がピクピクするくらい」と言ったところ、すかさず「女で?」とツッコミが。
いや、男性で、です。今のワタシは貧弱な体をしているので、頑強な肉体に憧れがあるのかも。
でもイマイチ面白くないと、自己反省。
その後は3チーム対抗のゲームをしつつ、観光ポイントその1のロックハート城に到着。
イギリスのお城風のテーマパーク(?)でなおかつ結婚式場でもあり・・・とムードたっぷりの場所。なのに、なぜかバンジージャンプが。
男性のマネージャーさんや役者さんが、何人か挑戦していました。
ワタシはもうちょっと難易度の低い、40mくらいをすべるターザンをやりました。

再びバスに乗り、宿泊先の温泉宿へ。
だんだん山を登って行くにつれ、周囲の自然がまるでタイムスリップするかのように「冬」に戻っていくのが不思議な感じでした。
「あっ!まだ桜咲いてる!」
「ああっ!梅もまだある!」
「うわっ!雪が残ってる!」
といった感じで。
今年の宿はなんと、麻上洋子さんの親戚の方のやっているところです。
そこをなーんと、貸切です。
お夕食は山菜や川魚を主にした和食です。
フキノトウやらワラビやら、とーてーも、美味しくいただきました。
温泉にも、露天風呂も含めて結局3回も入っちゃった。
翌朝のお肌はツルツルで、感動です。

・・・その2に続く。

デモテープ

なにやら、ゲームのオーディションに使うという事で、事務所でデモテープ(?)を録ってきましたよ。
17~21歳の女性、という設定で自分で台本を用意しました。
こういうデモテープの題材って、なににするかホントに悩みます。
今回は設定が決まっていたのでそれに当てはまるものを・・・と探したのでさほど時間はかからなかったけど。
17~21歳の女性って言ったって、性格やどんなシチュエーションで、どんな感情でしゃべった台詞かによって、全然印象変わってきます。
やっぱ、より自分の売りをアピールできるものを選ばなきゃならないし。
でも、自分で「これが私の売りだ!」と思ってるものと事務所のマネージャーさんが求めてるものに、びみょ~にズレがあったりする事も。
「やりたい」と「できる」、もしくは「仕事になる」は違う場合が多々あるんですよ。
んで、それをマネージャーさんと話し合って、理解を深めていくことがとても大事なわけで。
だって、まずマネージャーさんに理解してもらわない事には、自分の声、キャラクターを外に伝えるのはなかなか難しいから。

ワタシの事務所は、とてもアットホームで、年間通して交流の持てるイベントが盛りだくさんなのです。
ありがたいことです。たいてい、自分の事務所の先輩だって、仕事の現場が一緒にならないと会う機会はないものなんですけど。

というわけで、実は明日、一泊の事務所の旅行があるのです。
みんなでバスに乗って群馬に行きます。
夜は宴会&UNO大会になると思われます。
とっても楽しみ。

達成感。

ここ数日、パソコンの調子がおかしくて、困っていました。
なんだか回線がどうにかなっちゃったみたいで、以前開いたページには行けるのに、新たなページを開けなくて。

ワタシは以前も書いたとおり、パソコン初心者なので、なにかトラブルがあるといろんな方面に助けを求めます。ワタシの周囲には幸いな事にパソコンの先輩がたっくさんいるので。
前出のいとこの葵ちゃんもだし、りんねさんもだし、そもそもウチのパソコンの設定全てをやってくれた叔父とか。みんな、とても堪能なんですよ。ワタシから見ると。

ところが、今回はみんな忙しく、なかなかSOSコールに応答はありません。仕方なく、調子の悪いままインターネットにはつながずパソコン内臓のトランプやらタイピングソフトやらでちまちま遊んでました。
でも、これじゃあいかんと。
自分でなんとかせにゃあ、と思い立ち、マニュアルと格闘する事数十分・・・なんとか不調から脱出したみたいです。

やれば、できるんだなあ!
嬉しいです。日々、進歩ですな。
たとえ、カメの歩みでも。

しゃべるということ。

先日、行きつけの本屋の児童書コーナーで、「おはなし会」をやっているのに出くわしました。
どういう人が来るんだろう?と思ってみていたら、その本屋の店員の女性が登場しました。前々から、感じのいい接客をする人だなあと思っていたので、子供を相手に絵本を読んでいる姿を見て納得したのですが。
ワタシは、副業で子供ショーの司会のおねえさんもやっているので、子供相手のしゃべりというものに大変興味があって、最初から最後までじっくり観てました。

ワタシ自身、子供を前にしてしゃべると実感する事ですが、特に小学校未就学くらいのちっちゃい子の関心をひきつけるのって、むずかしいなあ、と。
なんて言うんでしょうか、彼らは「観客である自分」を意識していなくて、純粋に「大好きなキャラクターに会いに来た自分」であり「本屋のおねえさんが読んでくれる絵本を聴きに来た自分」なんですよね。
だから、大好きなキャラクターが出てくる前に全然知らないお姉さんが出てきて(ワタシの事です)、なんかしゃべってても、なかなか聴いてくれない。
しかもマイクを通して出た言葉は耳には入っても単語としてなかなか理解につながらないところがあります。
そうすると、いかにわかりやすい言葉を使うか。いかに必要な言葉をたてて、メリハリをつけるか。そうやっていくと、独特な「おねえさんしゃべり」に行きつきます。

世の中には、いろんな喋る職業がありますが、中にはその職業独特のしゃべり方と言うか、節回しがあります。(エレベーターガール、バスガイド、選挙カーや野球場のウグイス嬢、子供ショーのおねえさんも)
いわゆる「店員」さんの「いらっしゃいませ」でも、ファーストフード、ファミレス、ラーメン屋、コンビニ、ガソリンスタンド・・・それぞれに特徴があるように。
それって、ほとんどはやっぱり何らかの必要性や、理由があって生まれてきたものなんだなあと思います。

ワタシは昔からこういう言葉に関する事を考えているのが大好きで。
それが、今の仕事にとても役に立つ積み重ねだったなあと実感しています。

なんか、今日は話題が二転三転。
舞台出演情報

【客演情報】
劇団五○鬼(ごじゅっき)
『なんどのあわせ』

2017年11/23(木)~28(火)
北池袋新生館シアター

nando_tirasi_omote.jpg nando_tirasi_ura.jpg

プロフィール

みみね

  • Author:みみね
  • 本庄 美峰
    (ほんじょう みみね)
    6月10日生まれ、双子座B型。

    日常的なつぶやきはTwitterにて。
    アカウント【_mimine_】でやっております。

    フリーのMC・ナレーター・声優として活動中です。出演依頼、受付中!
    2010年2月1日より、劇団だっしゅの劇団員となりました。
    舞台出演も、精力的に頑張っていこうと思います。

    週末・祝日はキャラショーの「おねえさん」として、全国のステージに出没してます☆

    スパム的なコメント、公序良俗に反する宣伝コメントは削除させて頂きます。ご了承ください。
最近の記事+コメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
バナー

Linkを貼ってくださる方は、
こちらのバナーをお使いください。

 

カレンダー
ブログ内検索
CMサイト
声のお仕事で関わっているCMポイントサイトさんです。
QRコード
QRコード